鴨川日記

本の紹介を中心に活動しています。

朝日新聞の誤訳を糾弾する

「朝日新聞 社旗」の画像検索結果

昨日(2018/10/16)付の朝日新聞の記事を見ていたら,かわいそうなくらい馬鹿な誤訳に思わず鼻で笑ってしまったので、それを記事に書こうと思う。

その記事とは,米大統領、失踪記者巡り国防長官をサウジへ ならず者関与示唆」とかいうもの。

 これはどうやらいくつかのロイターの記事からまとめた日本語訳のようなのだが、この記事を読んでみよう。この記事を読むと、先日のサウジアラビアの記者失踪事件について、トランプ大統領が「ならず者の殺害者が関与している可能性もある」と言い、それを受けてとある民主党議員が「『ならず者の殺害者』という馬鹿げた見解にサウジは同調するだろう」と批判ツイートをしたなど、「ならず者の殺害者」というフレーズが目に着く。しかし、「ならず者の殺害者」が云々と言われたところで、何が何だかよくわからない。だれもが、「それ、誰やねん!?」と突っ込みたくなるだろう。

その上常識的に考えて、普通新聞の見出しに「ならず者の関与」なんて変なフレーズが踊るだろうか? いや、そもそも人殺しとはすべからくならず者のなせるワザでは無いのか? となると、「ならず者の殺害者」など、同新聞社の天声人語同様、何か言っているようで何も言っていないのと変わらない、何が何やら分からない怪文書なのだ。

さて、謎解きといこう。以下にロイターの元記事の一つのリンクを貼っておく。

www.reuters.com

見出しにもある通り、「ならず者の殺害者」とはトランプ大統領の "I sounded to me like maybe there could have been rogue killers. Who knows?"*1という一昨日のコメントから訳したものだろう。確かに "rogue" は直訳すると「ならず者」だし、北朝鮮みたいな国を "rogue state" 「ならず者国家」と言い習わす。*2したがって、自分では英語ができると自惚れている(だろう)朝日新聞の海外特派員か誰かが、 "rogue killers" を「ならず者の殺害者」と直訳したことは容易に想像がつく。だが、そもそも "rogue" は名詞である "killers" の前に置いてあるのだから、常識的に考えて形容詞として解釈すべきだ。*3そして形容詞の "rogue" の意味は、インターネットの無料辞書にさえ乗っている。辞書くらいきちんと引いてほしいものだが、勉強不足の朝日記者のために代わりに載せて置いてあげよう。以下の引用はアルクの「英辞郎」からである。

rogue

【形】

  1. 〔動物が凶暴で〕群れから離れた
  2. 〔人が孤立して〕自分勝手に行動する、面倒を起こす

 ここでは明らかに2の意味で解釈するべきだろう。ドナルド・トランプ大統領が言いたかったのは、要するに「サウジ政府の意向と関わりなく勝手に行動した奴らが失踪した記者を手にかけて殺したのかもしれない」、ということだ。こう読まないと、なぜ、このトランプの「馬鹿げた見解にサウジが同調する」(某民主党議員)という批判があるのかがわからない。ちなみにその理由とは、朝日の記事の後半にも一応きちんと書かれている通り、サウジアラビア政府にとって同政府が関与していないという見方は、つい先日にトランプから「サウジが失踪に関与してたらサウジ潰す」(意訳)的な脅迫をされていたので、願ってもないものだからである。ああ、悲しいかな、ここら辺の事情を実はよく理解しないままに記事を訳していたことが、透けて見えるのだ。

この日本を代表する全国紙の残念な誤訳は、同紙の記者が英語がわかっていなかっただけでなく、政治的文脈にさえも疎いままに記事を書いていたことの証左に他ならない。普段から「トランプは馬鹿」(意訳)的なことを繰り返し書いてきた朝日新聞が、その馬鹿なトランプ大統領の言葉すらも理解できなかったというところに、この新聞社の悲哀がある。このブログ『鴨川日記』もネットメディアであるから、既存の新聞がネットより質が低いという流行りの言説も、あながち間違いなどではないのである。*4

 

SPQR

*1:訳すると「私見では、多分一匹オオカミ的な殺し屋たちがいたってのもあり得るように思われるが、一体誰に真相がわかろうか?」くらいになる。

*2:厳密にはこれも後述の理由により誤訳。

*3:かりに名詞として取るとしても「ならず者をターゲットにして殺しをする殺し屋」くらいの意味にしかならない。そしてこの苦しい解釈も後で確認する通り、文脈に合わない。

*4:ちなみにこの記事を書いているSPQRブルジョワ朝日新聞よりも左翼だから、そこのところは誤解しないように、賢明な読者の皆々様に冀う。